2022.12.6 サイトデザインをリニューアルしました!

【展覧会レポート】東京造形大学附属美術館『ヤマザキマリの世界』

ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』の作者だと言えば、「ああ!」と思う人も多いのではないでしょうか。

漫画家・画家・著述家と3つの側面を持つヤマザキマリさん。
その広大な世界を俯瞰する展覧会が、東京都・八王子市東京造形大学附属美術館およびZOKEIギャラリーで開かれています。

展覧会の企画に携わったのは、東京造形大学の学生と教職員。
彼らの目線から見る“ヤマザキマリの世界”とはどのようなものでしょうか。

10月の終わり、相原駅からスクールバスに乗って内覧会へ。
本展の魅力について、会場写真を交えながらご紹介します。

展覧会ロゴ ©東京造形大学
会場内の写真について

※本展主催者の許可を得て撮影をしています。

『ヤマザキマリの世界』の概要

第1会場に入ってすぐ目に留まる大きな絵画は学生たちが制作。

ヤマザキマリさんは東京造形大学の客員教授。
これまでのキャリアを活かし、未来のアーティストを育てる場である東京造形大学の教育に携わっています。

そんなマリさんにフィーチャーした個展を学生たちと企画し、2021年9月から準備を継続してきた本展。
「“ヤマザキマリの世界”という題だけれど、これはヤマザキマリだけの展覧会ではなく、作り上げた学生たちの展覧会でもる」と話すマリさんからは、学生たちへの温かな思いが感じられました。

こんな人におすすめ

・ヤマザキマリさんの漫画が好き!原画を見たい!

・ヤマザキマリさんのエッセイを沢山知りたい!

・学生たちが作り上げたキュレーションを見てみたい!

ヤマザキマリさんはどんな人?

ご自身で描いた肖像画作品と並ぶ、ヤマザキマリさん

ヤマザキマリさんは、14歳のときに1人でヨーロッパを旅するという稀有な体験をしました。
以来、国境にとらわれない生き方を続けている人です。

代表作『テルマエ・ロマエ』にも見られるように、異文化のクロスオーバーによって全く新しいものを生み出すセンスが素晴らしい!
実際にイタリアで暮らし、絵画と美術史を学んだことから時代考証や描写力にも優れている点が特徴です。

現在はTV出演やコメンテーターなどメディア関連の仕事も多くこなし、魅力的なトークで人びとを惹きつけています。

展覧会の見どころ

展示室は初公開となる資料もバラエティ豊かに並び、“ヤマザキマリの世界”を十分に味わい尽くせる空間。

特別展示《リアーチェの戦士》復元摸刻も必見です。

1972年に南イタリアの海中から発見された、古代ギリシャのブロンズ像。

漫画家・著述家・画家とさまざまな側面から楽しめる!

漫画家・画家・著述家とさまざまな肩書きを持つヤマザキマリさん。
本展ではその全てにしっかりとフォーカスを当てています。

漫画のコーナーでは、『テルマエ・ロマエ』の手描き原稿を多数展示。

手描きのカラー原稿は、細部までじっくりと見て楽しめる
『テルマエ・ロマエ』は古代ローマ人の青年が日本の江戸時代にタイムスリップする、
お風呂(銭湯)がテーマのコミカルな漫画作品。
大ヒットの後に映画化され、さらなる話題を呼んだ。
古代ギリシャ・ローマを題材とした漫画の数々。
翻訳され、海外で出版されているものも多い。

エッセイのコーナーでは、単著本から共著本まで幅広い著作活動を網羅
海外生活で体感したことを独自の視点で語るエッセイは、多くの人に評価されています。

「ヤマザキマリさんのエッセイを手に取ってみたい!」と思う人にもおすすめ。
豊富な著作の中から、興味の湧く作品をきっと見つけられるはずです。

画業を紹介するコーナーでは、山下達郎の新譜「SOFTLY」のジャケットに用いられた油彩も展示。
若くして「画家になりたい」と夢を持ち、単身でイタリアに渡ったヤマザキマリさんの原点を感じさせます。

また、会場では4歳から10代後半に描いた貴重な資料も展示。
幼少期から絵が大好きで、ご本人曰く「家中の壁に絵を描き、習い事で使っていた楽譜や学校の教科書にもびっしりと絵を描いていた」というヤマザキマリさん。

その画力は当時から抜きん出たもの!すでに作家の片鱗を感じさせる作品群です。

描写力に優れたさまざまな作品
4歳時点ですでに、ものの色や形を巧みに描き出している。すごい!

東京造形大学の在学生と卒業生有志が見る「ヤマザキマリの世界」

ヤマザキマリの世界を多様な視点から味わうために、趣向を凝らした学生制作品も展示。

たとえば下記は『テルマエ・ロマエ』の世界観にちなみ、古代ローマで建設された浴場遺跡「カラカラ帝の浴場」を当時の姿で復元しました。

ご本人も感動したという巨大な《モザイクアート》にも注目です。

『テルマエ・ロマエ』模型(部分) ©ヤマザキマリ/東京造形大学
《モザイクアート》 ©ヤマザキマリ/東京造形大学 Ⓒ Derusu Yamazaki

さらに、第2会場であるZOKEIギャラリーでは学生たちがヤマザキマリさんの作品を研究し、自分なりの考察や感じたことを形にしたキュレーションに圧倒されます。

出入り口にはフォトスポットもありますので、記念撮影におすすめです。

いくつものバナーに書かれた文章は、学生たちがピックアップしたもの。
漫画の一部を使ったフォトスポット。おもしろい写真が撮れそう!

あなたが感じる「ヤマザキマリの世界」とは?

「ヤマザキマリの世界って、私自身もよくわかっていないんです。」

内覧会のトークセッションでヤマザキマリさんがおっしゃっていた言葉。
一言でピタリと表すのが難しいほど、インスピレーションの源泉は深遠にあります。

展覧会は11月26日(土)まで
ぜひ展覧会へ足を運んでみてください。

展覧会を作った学生たちに囲まれるヤマザキマリさん。
学生さんたちの古代ギリシャ・ローマ風の衣装は手作り!
楽しみながら、貴重な経験を重ねたことが感じられました。
展覧会情報
会期2022年10月25日(火)〜2022年11月26日(土)
※ZOKEIギャラリー(12号館1階) 2022年10月25日(火)~11月18日(金)
住所東京都八王子市宇津貫町1556
時間10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
※11月25日(金)は19:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
休館日日曜日, 祝日
観覧料無料
TEL042-637-8111
URL展覧会 公式サイト|https://yamazakimari.world/
東京造形大学附属美術館|https://www.zokei.ac.jp/museum/
交通案内住所: 〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556番地
TEL: 042-637-8111(代表)/ FAX: 042-637-8110(代表)
JR横浜線 相原駅よりスクールバス5分(徒歩15分)
※スクールバスはどなた様も無料でご利用いただけます
ご案内

※会期・開館情報は状況により変更になることがあります。

最新情報は、美術館・展覧会のホームページやSNSをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA